ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

カテゴリ:Sと 銀座・東京・日本橋( 64 )

Oyster Bar & Restaurant Ostrea

c0105068_9421587.jpg
c0105068_9425369.jpg
六年ぶりに銀座のオステリアへ。
c0105068_944164.jpg
スパークリングに生牡蠣とフライドポテトというセットが好き。
c0105068_9452681.jpg
絶賛肉食中のSの為に肉も頼んでやるが、やっぱりここは好きな種類の生牡蠣を選んで食べるのが正解だと再認識するのである。
[PR]
by penelopemnm | 2016-11-12 23:40 | Sと 銀座・東京・日本橋

Taverna GUSTAVINO

c0105068_895179.jpg
ランチは何回か来ているが、夜は初めての Taverna GUSTAVINO へSと映画帰りに。
c0105068_8174769.jpg
HPのメニューに「 ピエモンテ州2つ星リストランテ フリッポの味を再現 ピエモンテ州の伝統的な詰め物パスタ アニョロッティ ダル プリン」というのを見つけてこれが食べたかったのだが、事前予約でないと出来ないそう。残念。
c0105068_8192979.jpg
c0105068_820845.jpg
c0105068_8204596.jpg
ランチよりも塩気が強いような。スプマンテ1本はすぐ空いてしまい、白ワインへ移行。
c0105068_8221976.jpg
c0105068_8234521.jpg
c0105068_8243216.jpg
アクアパッツァはリゾットにしてくれる。カウンターで軽く飲んでつまむつもりが結構しっかりがっつり食べて飲み、ふたりで四万円近くのご馳走になってしまいました。
[PR]
by penelopemnm | 2016-10-22 23:08 | Sと 銀座・東京・日本橋

Dhaba India

c0105068_10142043.jpg
久しぶりにSと休日にダバインディア。平日の昼間はこの夏もひとりでずいぶん行ったが、夕飯は何年ぶりだろう。
c0105068_10164581.jpg
ひとりでは決して頼めないチーズクルチャ。ガーリックがしっかり効いてる。
c0105068_10223517.jpg
コリアンダーとディルのサラダというのはなかなかいい。うちでもやってみよう。
c0105068_10242013.jpg
衝撃的だったのがこのビリヤニ。初めて食べた味わい。辛くてすっぱくて甘い香りがする。ハーブがたっぷり。これ以外にもドーサやナンなども食べたのでもうお腹いっぱい。
c0105068_10293828.jpg
たいへんよく食べました。
[PR]
by penelopemnm | 2016-09-02 23:12 | Sと 銀座・東京・日本橋

ジムトンプソンズテーブル タイランド

c0105068_11344092.jpg
暑くなると食べたくなる辛くて酸っぱい食べ物。去年の今頃行ったのを忘れていた ジムトンプソンズテーブル タイランド 。今年もまたこんなものが食べたくなる暑さになって参りました。
c0105068_113851.jpg
タイ土産の定番ジムトンプソンのファブリック。店内も美しい色使い。
c0105068_12135072.jpg
家でも作るのに、店でも必ず頼んじゃうヤムウンセンは結構辛いです。家では出来ない味でした。
c0105068_1231494.jpg
c0105068_12322642.jpg
しっかり炭水化物まで食べ、アルコールは白ワインをボトルで飲みました。
c0105068_12333797.jpg
トムヤムクンはこんな鍋で温めてくれます。正直、そんなに期待していなかったのですが、他のタイ料理店より高級を謳うだけの事がある凝った料理でした。美味しかった。また今年も行きたい。
c0105068_12395063.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2016-08-11 23:32 | Sと 銀座・東京・日本橋

レ ロジェ エギュスキロール

何度か他の人とは食べに来て、銀座三越の中では低価格で気が利いているので、Sも連れてくる。Les Rosiers Eguzkilore。某ホテル予約サイトにはワインボトル込のプランなんかもあるので、飲み放題付きダイニング居酒屋よりも女同志の飲み会にも喜ばれると思います。
c0105068_9414629.jpg
この日もそんな格安コースに赤ワインをボトルで。
c0105068_9431555.jpg
フォワグラのロワイヤルカプチーノ仕立て。これが好き。
c0105068_9444642.jpg
このシンプルな玉子料理も私は好きなのだが、Sはイマイチだったらしい。
c0105068_949137.jpg
メインは牛ホホ肉の赤ワイン煮。
c0105068_9523525.jpg
このデザートも上からコーヒーソースをかけるとゼリー状に固まるという仕掛けになっていて、楽しい。内装もとても素敵だし、ミシュランにも掲載されているし、女性受け間違いなし。さほどお金持ちでない男の子でもちょっとお洒落して予約すれば彼女に喜ばれそう。これでふたりで15000円ちょっとだったと思います。
c0105068_10133195.jpg


More
[PR]
by penelopemnm | 2016-04-23 23:25 | Sと 銀座・東京・日本橋

Apicius

c0105068_1024170.jpg
今年の誕生日会は アピシウス にして貰う。特に節目の年でもなんでもないのだけれど、最近Sも贅沢なレストランに慣れてしまって、いいのか悪いのかよくわからない。そして当然のようにシャンパンをボトルで飲む。
Agrapart Terroirs Blanc de Blancs
シャルドネ100%。特級アヴィズと特級クラマンの特に石灰質が強いキャラクターを持つ区画からミネラル、フィネスを表現した鋭い味わい。
Sが好きなアグラパールだが、私も好き。Sは高級シャンパンの酵母臭がニガテと言うが、私はシャンパンなら大抵何でも好き。
c0105068_10171774.jpg
Sのフォワグラ料理。
c0105068_10182629.jpg
私はキジ肉のミンチの入ったラヴィオリ。浅利のダシが効いている。ちょっと水餃子みたい。ボリュームがあってお腹いっぱいになっちゃう。
c0105068_102126100.jpg
飲んでみたかったウミガメのコンソメスープ。滋味深いが華やか。そしてアルマン・ルソーの高級赤ワイン投入。ちなみにこういうシャンパンやワインであれば二人で二本飲んで良い気分になっても、翌朝爽快な目覚めで、1ミリも酒が残らないのである。
c0105068_1026364.jpg
Ruchottes-Chambertin Grand Cru 'Clos des Ruchottes 2004 Domaine Armand Rousseau
ジュヴレイ・シャンベルタン村のみならずブルゴーニュを代表するドメーヌ。2代目にシャルル氏がジュブレ・シャンベルタン村と南隣のモレ・サンドニ村で赤ワインのみを生産している。所有面積の半分以上(8ha)をグラン・クリュが占める。モノポール“クロ・デ・リュショット”の77年の買収で現在の姿となった。 創始者であるアルマン・ルソー氏はペンキ塗りと食品店を営む家庭に生まれ、20世紀初頭にドメーヌを興した。1909年の婚姻で所有面積を広げ、同時にワイナリーを建設した。
リュショット・シャンベルタンは飲んだ事がなかったように思うが、素晴らしかった。ともかく贅沢しすぎ。
c0105068_1045773.jpg
Sの羊のパイ包み焼き。一度は焼き過ぎて、もう一度焼き直してくれたそう。そんな内緒話を漏らしてくれるのがこの店のお茶目なところ。
c0105068_10474446.jpg
私の鳩。赤ワインにピッタリね。メインはふたりともハーフポーションで。
まあともかく王様になった気分で良い気分です。ご馳走さまでした。
c0105068_1055596.jpg
c0105068_10543154.jpg
c0105068_10535384.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2015-12-29 23:01 | Sと 銀座・東京・日本橋

CROWN

c0105068_10304817.jpg
今年の正月はSとパレスホテルの CROWN へ行く。ホテルのレストランは大抵開店時間が早いので良い。
c0105068_1011942.jpg
初めてなので、一番皿数の少なそうなコースにしてみました。
c0105068_1025521.jpg
綺麗な構成のお皿が続きます。見た目だけでなく皆美味しい。
c0105068_10134622.jpg
c0105068_10141358.jpg
c0105068_101596.jpg
c0105068_10154286.jpg
二皿は二種類から選ぶコース。コースなのでポーションは小さ目との事だが、我々にとってはなかなかボリュームがあります。
c0105068_1019227.jpg
この日はSのお気に入りのアグラパールのブランドブラン一本で。Sは肉に合わせて赤ワイングラスも。料理ももちろんだが、景色がよくて、良い気分。デザートまで平らげるとかなりお腹いっぱいになってしまうので、次回はアラカルトで食べてみたい。

More
[PR]
by penelopemnm | 2015-03-14 23:59 | Sと 銀座・東京・日本橋

銀座 レカン

c0105068_1014022.jpg
昨年10月の私の誕生日はミキモト本店の建て替えに伴い現在休店中の 銀座 レカン で祝って貰いました。
c0105068_1071637.jpg
c0105068_108191.jpg
アラカルトでオーダー。小さいポーションのものがいろいろ選べるのが良い。これは私の選んだグルヌイユ。
c0105068_10101011.jpg
c0105068_10111511.jpg
c0105068_10122765.jpg
Sの頼んだ熊の手。
c0105068_10133450.jpg
c0105068_10142319.jpg
c0105068_1014591.jpg
早い時間から開店するのが良い。クラッシックでしっかりした料理はさすがです。我々の入店時はガランとしていましたが、いつのまにか満席でした。シャンパン1本と赤ワインをグラスで飲みましたが、S撮影失念。また新しい店になってもこの重厚感は是非残して欲しいものです。
[PR]
by penelopemnm | 2015-01-22 23:00 | Sと 銀座・東京・日本橋

Apicius

毎年恒例の真夏の食事会。今回は付き合って10周年という事で大奮発して アピシウス で豪華シャンパンディナー。ブランドブランのプレステージシャンパンばかりが飲めるという嬉しい企画。
c0105068_953593.jpg
今まで食べた中で最高のオリーヴ、とS。
c0105068_975479.jpg
リヨン産サラミソーセージ 鱸の燻製カクテル仕立て (ちなみにこのソーセージが今夜のメニューの中で唯一の肉)
c0105068_927068.jpg
鱧と剣先烏賊のエスカベーシュ
c0105068_9293248.jpg
長良川郡上鮎のポーピエット
うーん、鮎というのはどうなんだろう。和食でも鮎がでてくるとなんだかがっかりする。鮎は川べりで食べる串刺しの塩焼き位がお腹が空いていれば美味しいのだと思う。もちろん生ビールで。
c0105068_9365948.jpg
タラバ蟹のクロカン 鮑のベニエ
c0105068_9395327.jpg
オマール海老のポッシェ
どれもこれもブランドブランにぴったりの料理で真夏の夜の大ご馳走でした。出来たら毎年行きたいくらい。
c0105068_9463184.jpg
チーズを頼んだので赤ワインも飲んでみる。
c0105068_9434268.jpg
Chassagne-Montrachet 1er Cru Clos Saint-Jean Rouge 2008 AMIOT Guy et Fils
ドメーヌ・ギィ・アミオ(以前のドメーヌ名はアミオ・ボンフィス)はシャサーニュ・モンラッシェに4代続く造り手で、3代目のギィに代わって、現在はふたりの息子、ティエリーとファブリスがドメーヌの運営を取り仕切る。特級モンラッシェを所有する造り手のひとりだが、その面積はわずか9a10ca。ふたつの区画をシャサーニュ側最上部にもつ。シャサーニュ・モンラッシェにマレシャル、ヴェルジェ、シャンガン、クロ・サン・ジャン、カイユレなど数々の1級畑を所有。ピュリニー・モンラッシェには、モンラッシェとピュリニー・モンラッシェ1級カイユレに挟まれた、幻のような狭小の区画ドゥモワゼルも所有している。
c0105068_9574826.jpg
ワゴンデザートもしっかり食べてどれもこれも美味しかったが、秀逸なのが胡椒のアイスクリーム。また絶対食べたいねとSと言い合う。シャンパンの方は別途またやります。
[PR]
by penelopemnm | 2014-10-11 09:35 | Sと 銀座・東京・日本橋

トラットリア ラ ココリコ 銀座

年末に引っ越してひとり暮らしを始めてから、めっきり外食しなくなった。これは昨年の12月初めかな。以前 も一度一緒に来たが、Sが今度こそここのチキンを食べてみたいと言うので。結構もう店内はクリスマス仕様で予約せずに行ったら最後の一席でした。
c0105068_9561197.jpg
いろいろビールはあるが、Sはヨーロッパのピルスナー系がニガテ。
c0105068_957388.jpg
シャルドネをボトルで。まあまあ。
c0105068_9583545.jpg
c0105068_9584942.jpg
c0105068_959260.jpg
店内盛況につき、なかなか酒も料理も出されず。のんびりおしゃべりをして待つ。最後はティラミスをつついておしまい。
c0105068_1013825.jpg
12863円。
[PR]
by penelopemnm | 2013-02-11 10:02 | Sと 銀座・東京・日本橋