ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

カテゴリ:ひとりか誰かと食事( 55 )

ラ・ボンヌターブル 休日ランチ

c0105068_785111.jpg

まだ暑い時期に女友達の提案で三越前の ラ・ボンヌターブル で休日ランチ。女ウケしそうな多種野菜のサラダから。
c0105068_7433197.jpg
レフェルヴェソンスの廉価版の店で、本家の常連らしき知人からはこちらのいい評判は聞かなかったので、期待はしていませんでした。
c0105068_7485592.jpg
なんだかお皿の仕上がりが汚い。味以前の問題として仕事が雑な感じ。それらしく盛ればいいってもんではありません。
c0105068_7521041.jpg
それでもここに載せている写真はマシな方のもの。
c0105068_7534891.jpg
最後の小菓子。こういうのって私は逆に興ざめなんだよなぁ。
c0105068_7563079.jpg
現状で充分流行っているようなので大きなお世話だろうけれど、背伸びして今風現代フランス料理に見せようとするよりも、もっとカジュアルに徹した単純な料理の方が店の雰囲気にも合って良いのでは。まぁ前者の方が素材とか味の出来映えとかいろいろ誤魔化せるのかな。
[PR]
by penelopemnm | 2015-10-09 23:06 | ひとりか誰かと食事

桜田

京都に行った際にご馳走になった 桜田
c0105068_8372748.jpg
c0105068_8375185.jpg

c0105068_840339.jpg

c0105068_8405795.jpg

c0105068_8385018.jpg
c0105068_8415994.jpg
c0105068_8421946.jpg
c0105068_842404.jpg
c0105068_843386.jpg
c0105068_844042.jpg
c0105068_8441846.jpg
c0105068_8444456.jpg
c0105068_8453950.jpg
大変美味しゅうございました。また京都に行ったら食べに行きたい。Sにも食べさせてやりたい。
[PR]
by penelopemnm | 2014-05-21 23:34 | ひとりか誰かと食事

天重

c0105068_1013634.jpg
天重 2400円
最近、親族内で不幸が重なり、親戚で集まる機会が多い。こんな時なのにちょっとでも美味しいものを食べたがる食い意地の張った人々。この日は遅い平日の午後で大した店も空いていない中、ここならまあまあかなぁと 新宿 なだ万賓館 に行ってみる。新宿の小田急百貨店の上にあり、デパートの食堂感覚なのだろうが、3時になろうかという時間なのに、数名ばかりのうちの親戚がまとまって座るのは難しいような事を言う。ちょっと待ったら座れたけれど。
子供の頃、外に食事に行くと決まって天重を食べたがった私だが、こういう天重単品で注文出来るような店もあまりないので、ずいぶん久しぶりに食べました。期待通りの甘っ辛いタレの天重で、美味しかった。
[PR]
by penelopemnm | 2012-11-02 23:00 | ひとりか誰かと食事

銀座 ささ花

c0105068_16584139.jpg
秋らしい前菜盛り合わせ。私の誕生日祝いにいつものNさん(59歳♀)に和食をリクエストしたら、店も選んで予約しておくよう言われ、銀座一丁目の 銀座 ささ花 をご馳走になる。一度、Sと行って気に入っていたのに、なかなか機会がなくてこれが二度目の夜。この日もアラカルトで。突き出し、魚の骨の唐揚げ。
c0105068_16591751.jpgc0105068_1702482.jpg
c0105068_1742098.jpg
お刺身盛り合わせ。新鮮でどれも美味しい。
c0105068_1761262.jpg
板さんが丹念に細工していた蕪。散らした菊の花も美しい。お出汁も美味しい。
c0105068_1792286.jpg
このしっとりした鴨がまた絶品でした。ふたりで分けましたが、一皿食べたい。
c0105068_1711661.jpg
〆に鯖寿司まで食べてしまいました。前回も美味しかったけれど、今回は大満足でした。再度、他の女友達と行こうと思い予約の電話で確認したのですが、ここは焼酎もワインも置いていないとの事。なので女友達の飲むものがなく、他をあたりましたが、そんな方針も好ましいと思うのでした。またSを連れて行こう。
[PR]
by penelopemnm | 2012-10-29 16:56 | ひとりか誰かと食事

Vin de Reve

c0105068_7133097.jpg
毎年お互いで祝い合っているNさんの誕生日祝いを Vin de Reve で。胡瓜とホロホロ鳥か何かのアミューズ。この前に社内の会合があってちょっと飲んでしまったのであまり食べられなくなってしまった。
c0105068_7143010.jpg
c0105068_7162457.jpg
料理は皆、ワインに良く合い美味しい。
c0105068_7184424.jpg
Château Troplong Mondot 2002
品種 : メルロ80%、カベルネフラン10%、カベルネソーヴィニォン10%
熟成 : 樽熟成は18ヶ月、清澄処理、濾過処理は一切行っていない
80年代半ばにミシェル・ロランを醸造コンサルタントとして迎え、低迷していたシャトーを再建した。格付けのグラン・クリュ・クラッセ(特別級)の中で、トロロン・モンドとアンジェリスは飛躍的に品質を向上させた代表格として知られている。「とにかく品質の維持が大切ですから。セレクションを厳しくし劣ったものはセカンドワインに回します」と、オーナーのヴァレット夫人が話すように、85年からセカンドワインの生産を始めたのです。このセカンドワインの存在が良い結果をもたらしたのでしょう。2006年の格付見直しで見事にサンテミリオンプルミエ グラン・クリュ・クラッセBに格上げされました。2002年ヴィンテージの評価は極めて高い。

ちょっとアルコール度数が高いらしいサンテミリオン。良心的な価格で美味しかった。今度はSも連れて行こう。19635円。
[PR]
by penelopemnm | 2012-10-05 07:16 | ひとりか誰かと食事

オーバカナル銀座

c0105068_11293067.jpgSに映画をすっぽかされて、楽しみに予約していた神楽坂のビストロも仕方なくキャンセルし、ひとりで見た映画の帰りに AUX BACCHANALES に入ってみる。その昔原宿の竹下通りの傍に最初に出来た時はパリのカフェそのものな感じにちょっと感激したものだ。そんな感じが鼻に付くのかSは嫌うけれど。通り沿いを眺めてもそんなに良い気分にはなれそうにない立地ながら、奥まった席は割りと落ち着いていてひとりで食事をするには良い店でした。ステーキフリットを食べる若い男性ひとり客も。私はグラスのシャンパンと赤ワインで、クロックマダムなんかを軽く食べる。5000円。
c0105068_11494598.jpg
c0105068_11505779.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2012-08-24 23:28 | ひとりか誰かと食事

トラットリア ラ ココリコ 銀座

Mちゃんと銀座でランチ。不届きな昨今の人妻事情を聞かされる。
c0105068_1149502.jpg
昼からビールを飲みながら。
c0105068_11505097.jpg
私は手打ちパスタにしてみました。
c0105068_11511842.jpg
Mちゃんはここのチキンを教えて以来、随分と気に入ったようで、ちょくちょく食べに来ているよう。
[PR]
by penelopemnm | 2012-04-06 10:59 | ひとりか誰かと食事

Pizzeria-Trattoria Napule

c0105068_17183573.jpg
年に2回のインポートランジェリー展示会。今回Automne-Hiver2012は人妻Gさんとふたりで出掛けました。昼餉は表参道の Napule でピザを食べる。
私はグラススプマンテを2杯飲むが会計は1杯でした。ピザとパスタと2種選んで、ふたりで分けました。客はほとんど女性ですが、ピザも大きくパスタもたっぷりなので男性でも充分だと思います。Gさんお付き合いありがとうございます。
一応、以下簡単ですが秋冬のランジェリー情報。

More
[PR]
by penelopemnm | 2012-03-08 18:02 | ひとりか誰かと食事

しゃぶしゃぶ・すき焼き 古もん

大阪で仕事を終え、神戸三宮に泊まる事にするのだが、クリスマスの夜ひとりで何を食べようかと考えあぐねる。
せっかくだからこの辺りならではのものが食べたいと思い、凄く寒かったのでホテル近くにある店で神戸牛のしゃぶしゃぶを食べる事に決める。
しゃぶしゃぶ・すき焼き 古もん
念のため電話すると、昨日はいっぱいだったが、今日はヒマなので予約は不要と言われる。店に着くと電話の人ね、と迎え入れられる。
c0105068_1134944.jpg
c0105068_11355934.jpg
胡麻ダレ用の白ゴマは自分で擂っておく。
c0105068_11374736.jpg
ひとりで鍋。
c0105068_11382587.jpg
一枚鍋に入れてしまった後の皿。何グラム位でしょうか。ひとりでこんなに牛肉を食べたのは初めてかもしれません。これで5000円というのは安い気がする。
c0105068_11421113.jpg
生ビールの後には日本酒。〆にうどんなどもあったようだが満腹の為、辞退。
漬物を所望すると蕪寿司を出してくれました。
c0105068_1146171.jpg
美味しい。蕪寿司。ご馳走様でした。
c0105068_11485735.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2012-01-05 00:22 | ひとりか誰かと食事

レストラン タテルヨシノ銀座

誕生日の近い友人と合同誕生会をふたりの誕生日の中間日に開催
タテルヨシノ銀座
でどこでも喫煙したい彼女の為に個室を予約。
c0105068_981681.jpg
Champagne de Sousa & Fils
オーナーであるエリック・ド・スーザ氏の祖父マニュエル・ド・スーザ氏がポルトガルからこの地に移住し葡萄栽培を始める。その後を引き継いだ息子のアントワーヌ・ド・スーザ氏とゾエミ夫人が、1948年、シャンパーニュ・ド・スーザ・エ・フィスを設立。エリック氏は14歳の時から父アントワーヌ氏の元でシャンパン造りに携わり1986年にワイナリーを引き継いだ。努力家の彼の造るワインはここ数年うなぎのぼりに評判が高まっている。 パリから東へ約130kmの所にあるシャンパン街道拠点の町エペルネ。シャンパーニュ・ド・スーザの畑は、そのエペルネの南部に広がる「コート・デ・ブラン(=白の丘陵)」というシャルドネの特級畑が連なっている地区の真中のアヴィズ村を中心にメニール・シュール・オジェ村、オジェ村、クラマン村や、「ヴァレ・ド・ラ・マルヌ」地区のアイ村などに位置する。
HPにはワインリストは掲載されていませんが、良心的な値段だと思います。料理は10000円の安価なコースで。
c0105068_923110.jpg
栗のスープ
c0105068_9263799.jpg
c0105068_9271596.jpg
軽くスモークしたサーモンミキュイ ステラマリス風
これは以前、芝で食べた時の方が美味しかったなあ。サーモンにちょっと火が通りすぎていたのか、サーモンの質なのかわかりませんが。
c0105068_9325561.jpg
豚足のファルシィ あさりとフォアグラ添え
これってここの料理だったのね。麻布十番の某店でも同じ料理を食べてイマイチだったのに知らずにまた頼んでしまいました。どちらの味がどうこう言う以前にこの料理があまり好きではない。しつこいコロッケのよう。
c0105068_9391897.jpg
Gevrey Chambertin Joseph Roty 2004
ROTY家は現当主のジョゼフ・ロティで23代目になるジュヴレ・シャンベルタンの名門ドメーヌ。現在畑仕事や醸造は父親にかわって息子であるフィリップ・ロティが行なっています。彼らの畑には多くの古木があり、地中深くまで根を伸ばし、そこから様々な要素を地上に引き上げ、そこからできた葡萄はその段階で既に他とはまったく比較にならないほど素晴しく複雑な味わいを持っています。醸造法は古典的で、トロンセの樽を100%使用し、一年近くも樽熟させます。またビオディナミ農法(有機農法)を製造段階で取り入れ、清澄や濾過を極力避けて造られるワインはモダンの要素をうまく取り入れたクラシカルなスタイル。
ハーフボトルで赤も飲みます。デザートをチーズに替えて貰う。
c0105068_949692.jpg
この日は吉野シェフもいらして挨拶にみえました。オーダーがいけなかったのか、感激は少なかったので、またSとでも食べ直しに行こうと思います。
個室でないほうが開放感もあって良さそうです。55825円。
[PR]
by penelopemnm | 2011-12-25 23:00 | ひとりか誰かと食事