ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

カテゴリ:Sと (中央線沿線)( 30 )

高尾山 2016 6月

c0105068_10301296.jpg
梅雨の時期にせいせいしたところに行きたいねぇと話し、高尾山に行ってきました。ケーブルカーで簡単に行く。
c0105068_10331272.jpg
紫陽花の咲くころ。
c0105068_10343532.jpg
念の為、薬王院にお詣りしたり
c0105068_10364094.jpg
自然を満喫したりするが、

本当は、この後行く、うかい鳥山で飲んだり食べたりする事ばかり考えながら歩いております。
[PR]
by penelopemnm | 2016-10-27 10:43 | Sと (中央線沿線)

高尾山

c0105068_833175.jpg
Sが写真を寄越さないので去年出掛けた記録がほとんど残せなかったが、やっと持ってきたので追々やっていこうと思います。
去年の正月は高尾山にお詣りを兼ねて。行きはケーブルカーで上がり、山頂でお詣りしてから下りは歩いて降りました。
c0105068_842764.jpg
おみくじは私は大吉でした。済んでみるとそんなに良い年だったかなぁと思いますがね。ちなみにSは小吉でした。今年はまだ引いていません。
c0105068_853173.jpg
前日まであまり天気が良くなかったのか、寒くて霜が降りたのが溶けたのか、下り坂の道が悪くて、恐る恐る降りる。下山して適当なところで蕎麦でも食べようと思ったのだが、道々通り沿いにある蕎麦屋を覗くも、みないっぱいで、やっと下の通り沿いにあった 割烹 橋本屋 という店に入ってみる。
c0105068_911137.jpg
熱燗で蕎麦を食べて、のんびりまったり過ごした良い新年でした。
[PR]
by penelopemnm | 2014-01-12 23:31 | Sと (中央線沿線)

BIANCARA

c0105068_1150336.jpg
国分寺でいつものカイロの後、国分寺で飲むのもちょっと飽きたね、とSと吉祥寺まで行ってみる事にする。吉祥寺といっても井の頭公園駅の目の前のBIANCARA というワインが飲める店に行ってみる。最近流行りの自然派ワインをいろいろ揃えている今どきな中央線沿いに多い感じのワインバー。
c0105068_11594185.jpg
c0105068_120111.jpg
c0105068_121924.jpg
青魚を珍しい組合せのつまみにするのが得意らしい。Sは一緒にではなく、それぞれで食べたいと言う。まぁ、やっぱりこういう魚をワインに合わせて食べるのは目新しいかもしれないが、私も好みではない。でも赤をボトルで。
c0105068_1235163.jpg
Gevrey Chambertin “Bio Certifie” 2009 Frederic Magnien
永遠なる清純”(PURETE ETERNELLE)と言う意味のビオディナミレンジ。完全なビオディナミを展開。1級のClos Prieur Huat に隣接する同名のClos Perriere Basと74号線に面したAux Eteloisのいずれも平地の区画で計1.0ha。ただし標高は高い場所で280mになるため昼夜の寒暖差で引き締まった葡萄となる。ビオディナミ農法による樹齢35年の古木は、粘土がちの土壌で濃密な葡萄を生む。収量は45hl/ha。全て手摘みで選果後除梗。6日間のマセラシオンの後、自然酵母で発酵。マロラクティック発酵後、14ヶ月の樽熟成には新30%を使う。オリ引き後ノンフィルターでボトリング。
c0105068_1249278.jpg
きのこのソテーが一番合ったかな。
c0105068_12502464.jpg
パンは美味しい。13000円。
c0105068_12505712.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2012-11-11 12:27 | Sと (中央線沿線)

インド富士

スパイシーだけれど、よくあるナンで食べるインドカレーじゃないカレーが食べたいと思って、初めて東小金井の駅に降り立ち、向ったのは インド富士 という変わった名前の店。店内が薄暗くSはイマイチ上手に写真が撮れませんでした。
c0105068_544268.jpg
ハートランドの生ビールでこんなオムレツをつまむ。なかなか美味しい。羊肉の炒め物なんかも食べた。夜はカレー以外のメニューも少しあり飲むのも良し。
c0105068_54602.jpg
カレーは2種のインド富士セット1200円を。c0105068_5505769.jpg
白ワインをボトルでと頼むと有無を言わさずこのコノスルが出てきました。選択肢はないようです。こんなドイツワインだかオーストラリアワインのようなコノスルがあるのですね。フルーティな酸味があって、私は元来ニガテなタイプなのですが、結構美味しかった。案外スパイシーな風味に合いました。カウンター席なのでひとり客も多く、Sもかなり気に入って、ひとりでも食べに行こうかななんて言っていました。←絶対、ひとりじゃ行かないくせに。
[PR]
by penelopemnm | 2012-09-07 06:02 | Sと (中央線沿線)

高円寺 福来門

c0105068_177047.jpg
3年ぶりの福来門。
c0105068_17113421.jpg
c0105068_17115950.jpg
ここでの目的は上の2品。干し豆腐とパクチー。干し豆腐はもう1皿おかわり。
c0105068_17145242.jpg
ビールの後は紹興酒。銘柄を指定したのに、これをドンと持ってくる。後でよく考えたら、ここはボトルで頼む紹興酒は自動的に飲み放題になるのかもしれない。
ふたりきりだが、さらにドンドン注文。
c0105068_17181752.jpg
c0105068_17183781.jpg
c0105068_1719387.jpg
c0105068_17194132.jpg
腸詰め、海老アスパラ炒め、油淋鶏、チャーハン。よく食べました。
で、お会計。3970円。安すぎでしょ?いくらなんでもおかしいでしょ?Sがこういう店で会計間違えたのを知らせずに帰るのは不本意だと、店に払いに戻る。
だが、Sがちょっと不機嫌そうに私の元に帰ってくる。どうやら「紹興酒代が入っていませんでしたよ」と言って1000円置いてきたらしいが、店の人は「・・・???」という対応だったらしい。なので、私は上記の自動的に飲み放題にしてくれたのではなかろうか、と勝手に理解したのである。ともかく安くて私の大好きな干し豆腐&パクチーがあるので、また行って確認します。
[PR]
by penelopemnm | 2012-01-23 19:47 | Sと (中央線沿線)

せんげん山公園

Sが脚が痛いと何度も書いているが、そんなわけでこの夏、一緒にはどこにも遠くへ行けなかった。痛くなったのは春先からで震災もあったからその頃からいろいろとあった予定は叶わぬままである。そんな欲求不満な私が「清々したところに行きたい清々した所に行きたい」と呪文のように唱えていたら「いいところがあるよ。」と連れて行かれたのがここ。
c0105068_12384817.jpg
武蔵小金井駅からバスに乗って行く。
c0105068_12421795.jpg
晴天ではないが蒸し暑くて、たくさん蚊に刺される。ここから富士山が見えるらしいが見えない。Sは期待したよりも小さな公園でちょっとしょんぼりしていました。
c0105068_1245325.jpg
c0105068_12452127.jpg
この後荻窪のスーパー銭湯みたいな所へ行き汗を流し、併設のジャンクな居酒屋で生ビールやホッピーを飲みました。途中で凄い雷雨。小さな公園だったのに翌日から筋肉痛になる私。そしてSも脚痛悪化。
[PR]
by penelopemnm | 2011-08-24 23:02 | Sと (中央線沿線)

RESTAURANT HASHIMOTO

Sが可哀想に脚が痛くて痛くて仕方がないので、最近都心に出かけられない。
この日も荻窪くらいならば良いかと初めての RESTAURANT HASHIMOTO に夜、食事に行ってみました。シャンパンもあったけれど、どうせまた2本飲んじゃうからと、スプマンテにしました。
c0105068_16151320.jpg
Cavicchioli Barovier Pinot Chardonnay Brut
イタリア/エミリア・ロマーニャ/白:泡/ピノ・ビアンコ70%、シャルドネ30% 1928年にウンベルト カビッキオーリ氏が設立したワイナリー、エミリアロマーニャ州 モデナに位置しています。ランブルスコはエミリア・ロマーニャ、特にモデナ地方で造られる赤の微発泡性のワインで、カビッキオーリはこのランブルスコの生産者として、イタリア国内で最高の人気を誇っています。中でも、最良とされる軽やかな色合いながらも、凝縮した果実味豊かな上質のソルバーラ種を中心に栽培しています。カビッキオーリは高いクォリティを保ちながら、安定供給出来る、大手ながらも情熱を持った信頼の生産者です。ガンベロロッソ誌では「ランブルスコ生産者の一つの指針となるワイナリー」と高く評価されています。
これは1000円位で売っています(笑)こちらではいくらだったかしらん。
c0105068_1630724.jpg
アミューズはハムのムース。スプマンテを喉に流し込みながら食べるのにピッタリ。一番お手軽な前菜と主菜だけの3900円のコースにしました。
c0105068_16351749.jpg
イベリコ豚のグリエ ペペロンチーノソース Sの前菜。
c0105068_16375813.jpg
マグロと海老のタルタル ジャガイモのブリニスと共に 私の。
c0105068_16401123.jpg
小鴨のグリエ イチジクソース Sのメイン。イチジクソースだったかなぁ。
c0105068_16413180.jpg
フォワグラのソテー フライドエッグ添え トリュフソース プラス料金が必要だけれど、これは美味しかった!また食べたい。
c0105068_16433473.jpg
Nuits-saint-Georges 2001 Courtiers Selection
クルティエ・セレクションは新進気鋭のインポーター「ヌーベル・セレクション」が、日本人醸造家「仲田晃司」氏が代表を務める「ルー・デュモン」の全面協力のもと立ち上げたブルゴーニュの新ブランドです。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。
バカみたいに高くなったブルゴーニュワインをより安価に売りましょうという企画商品みたいなものですね。前に自宅用に買って飲んで悪くなかったので選んでみました。デザートはチーズに変えて貰う事が出来て嬉しい。
c0105068_17152943.jpg
c0105068_17154549.jpg
コーヒーには小菓子も付くので充分ですね。満足です。また行きましょう。24090円。
[PR]
by penelopemnm | 2011-08-21 16:44 | Sと (中央線沿線)

RISTRANTE IMAI

Sが一番嫌う町といえば渋谷だが、それに次いで嫌いなのが吉祥寺である。
前に行って私は凄く美味しいイタリアンだと思ってまた行きたいと思っていたのに、それが理由で来られなかった RISTRANTE IMAI にやっと行く。
c0105068_1130347.jpg
Prosecco Vigna del Duca
プロセッコで喉を潤す。それなりの味わい。
シャンパンもあるので、次回はそちらで。
c0105068_11372019.jpg
面白いアミューズ。左側は鯛。右のお出しに入れて食べる。
良い出しなので、そのままで美味しい。この日は前菜とパスタから3皿選ぶメイン無しのコースにしました。
c0105068_11413291.jpg
Sの鯵のカルパッチョ。新鮮。
c0105068_11424029.jpg
カナダ産活オマール海老のムース。絶品。
c0105068_11451877.jpg
Sの選んだ蟹のクリームタリエリーニ。
この日のパスタではこれが一番美味しかった。
c0105068_11493644.jpg
私はリゾットを頼んでみました。グリーンピースとジロール茸のリゾット。しっかりとちゃんとアルデンテです。日本の雑炊のようなリゾットに慣れた人は固過ぎると文句を言いそう。Sは大絶賛。この辺で赤ワインを追加。
c0105068_11553583.jpg
Il Grigio Chianti Classico Riserva 2007 / San Felice
Sangiovese100%
San Felice(サン・フェリーチェ)
畑はキャンティ・クラッシコ時代にすでに714年に存在していたと言われている。1978年、イタリア最大の保険会社RAS の手に渡り、今日に至る。RASの豊富な資金による投資により、1984年にはモンタルチーノのカンポジョバンニ農園を買収し、1990年にはサン・フェリーチェ社農園内にRELAIS&CHATEAUXを設立、1993年にマレンマ地方にペロッラ農園を購入し、現在トータル210haを所有。サンフェリーチェ社は常に他のトスカーナの農園よりもいち早く新しい試みを行っており、1986年にはスーパートスカーナの先駆けであるVigorello(ヴィゴレッロ)を発売。1981年より20年にわたりフィレンツェ大学の協力を得て独自のサンジョベーゼ種の研究を行った集大成として、ついに229種類の葡萄品種より最後の1種類、長期熟成型品種「プニテッロ」を選別、リリース。また2003年に「プニテッロ」はDNA鑑定の結果、全く独自のブドウであることが判明し、トスカーナ州土着のブドウとして正式に認められた。
キャンティクラシコ?と思ったが映画ハンニバルでレクター博士が飲んでいたという売り文句で勧められるまま注文した。まあ美味しかった。パスタ2皿めSはイカスミのパスタ。
c0105068_1228431.jpg
c0105068_12213250.jpg
私は以前食べて美味しくてびっくりしたここの定番北海道産ウニのタリエリーニを。前のような感激は残念ながらありませんでした。ちょっとSの最初のパスタと被ってしまったので。デザートはチーズも選択出来ました。コンテでした。
美味しかった。
c0105068_1225179.jpg
28160円。
[PR]
by penelopemnm | 2011-07-02 12:32 | Sと (中央線沿線)

手羽先唐揚 鳥良 吉祥寺4号店

会社の女の子が私がよく酒を飲むのを知ってか、こんなの要りますか?と 鳥良 の1000円割引クーポンを2枚くれた。昔、青山に初めて出来たときはなかなか予約が出来なかった記憶。合コンした記憶。
吉祥寺の井の頭公園のそばの吉祥寺4号店が雰囲気が良さそうなのでSと行く。
c0105068_10504340.jpg

休日の当日予約だったが、早い時間だったので、入り口付近の良い席に通される。席から見える庭。
Sとこういうチェーン店の居酒屋に入るのは滅多に無いがなかなか楽しく、とりあえずここの名物手羽先など。
c0105068_10535415.jpg

c0105068_10541848.jpg

甘辛い味が生ビールに合うけれど、早い時間は生ビール99円という驚愕の値段なので、クーポンを利用出来るひとり3000円以上にするのは、ビールでは間に合わないと心配になる。
c0105068_10585761.jpg

普通の焼き鳥など。1串が大きいのでふたりで1串で充分かも。
c0105068_10595244.jpg

c0105068_110286.jpg

ふたりで6000円を超える会計にする為にSの計算によりあれこれ頼んだけれど、結果7516円でした。つまり2000円割引がなければ9516円とずいぶんな計算違いでしたが、今度来る時はどんな注文にすれば良いか学習できたので良しとします。店の若い子達も凄く教育されている感じで皆ちゃんとしています。夕方の生ビール99円サービスはまだ続いているようです。
[PR]
by penelopemnm | 2010-10-09 23:42 | Sと (中央線沿線)

鮨 なんば 

荻窪駅北口からちょっぴり歩いた所にひっそりある鮨なんば
何回か来ているのだが、寿司屋のカウンターで写真を撮るのに気が引けて、ここには載せていませんでした。Sはここの大将が好き。お若いけれど、控えめな感じが良いのでしょう。
基本的にはお任せでお願いします。お酒に合わせていろいろツマミから。
白身のお刺身。なんだったかしら。
c0105068_12264274.jpg

ゲソ
c0105068_12275826.jpg

c0105068_1229093.jpg

いくら
c0105068_12293578.jpg

c0105068_12302699.jpg

ししゃも
c0105068_1230572.jpg

牡蠣
c0105068_12314741.jpg

柔らかい煮ダコ
c0105068_12325217.jpg

マグロを炙ったもの
c0105068_123324100.jpg

美味しいツマミで日本酒もすすみます。
握りのはじまりはじまり。
c0105068_12441570.jpg

c0105068_12443942.jpg

c0105068_1245996.jpg

c0105068_12454222.jpg

c0105068_1246745.jpg

c0105068_12463572.jpg

c0105068_12471032.jpg

c0105068_1247377.jpg

この日は海老はなかったけれど、中トロが2カン出てきました。Sは酔っ払いました。
美味しかった。また行きましょう。
23900円でした。
[PR]
by penelopemnm | 2009-12-04 23:34 | Sと (中央線沿線)