ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

カテゴリ:Sと (箱根)( 8 )

箱根 2011 11月 帰りのお弁当

箱根の2日目、お昼がイマイチだったので何か美味しいものを食べて帰りたかったのだが、ふたりともヘトヘトで箱根湯本駅で弁当を買って食べる事にする。
c0105068_937291.jpg
丸くなるな 星になれ
ロマンスカー内のこの生ビールはとても美味しくて嬉しい。
c0105068_9395980.jpg
買ったのはこれ。湯本の駅でおじさんが「あ、まだ残ってた。良かった良かった」と急いでふたつ買ったのを真似して買ってみました。有名なのかしらん。
c0105068_9421164.jpg
まあまあ、美味しかった。楽しい旅でした。また行こう。
[PR]
by penelopemnm | 2012-01-31 09:43 | Sと (箱根)

箱根 2011 11月 箱根ラリック美術館

c0105068_939277.jpg
Sは以前も来たことがあるようだが、私ははじめての 箱根ラリック美術館
ずいぶん歩いた最後に参りましたので、ふたりとも結構疲れていました。
Sは男にしてはラリックのような女性に好まれるような工芸品が好きです。
ちょっとグロテスク悪趣味ギリギリみたいなものも多くありますが、そういうものが更に好きなようです。併設されているカフェレストランは今回はお茶だけで利用しましたが、ワインなども数種類あり、食事もまともなようなので、遅いランチなどに利用するのに良さそうでした。
[PR]
by penelopemnm | 2012-01-27 23:37 | Sと (箱根)

箱根 2011 11月 駒ケ岳

箱根に泊まった翌朝、ロープウェイで駒ケ岳山頂まで行ってみる。
c0105068_9264568.jpg
ロープウェイの中から撮影。紅葉は終わり荒涼とした感じ。
山頂は霧で視界不良とのことだが。
c0105068_929444.jpg
何にも見えませんでした。でもせっかくだから箱根神社の元宮まで歩きます。
c0105068_9341738.jpg
寒い。
c0105068_9345893.jpg
到着。
c0105068_9355351.jpg
降りる。
人気もなく、Sとふたりであの世に来たようでした。
c0105068_9392676.jpg
帰りのロープウェイ。下界は明るく、現実にもどります。
[PR]
by penelopemnm | 2012-01-22 09:48 | Sと (箱根)

箱根 2011 11月 仙石原すすき

c0105068_163395.jpg
もう時期はとうに過ぎていたが、有名なのに私は近くで見た事が無かったので、バスを降りて眺めてみる。結構、人が歩いていました。
眺めただけで満足してすぐバス停に戻る。

More
[PR]
by penelopemnm | 2012-01-10 00:31 | Sと (箱根)

箱根 2011 11月 朝食

c0105068_10315037.jpg
部屋から芦ノ湖&富士山の絶景です。朝ご飯はホテル内の なだ万 で和定食。
c0105068_1049984.jpg
朝はビュッフェよりも和定食が選べるホテルが好き。だって、大体前の晩ワインとか飲んでいるので、翌朝白いご飯とおみおつけが嬉しいのです。
ここは接客も上々で、席もゆったりしていて、もちろん眺めも良いので、朝からとても気分が良い。
[PR]
by penelopemnm | 2012-01-04 00:30 | Sと (箱根)

あけましておめでとうございます

c0105068_7583532.jpg


More
[PR]
by penelopemnm | 2012-01-01 07:58 | Sと (箱根)

箱根 2011 11月 夕食

c0105068_11313241.jpg
温泉を出た後、喉を潤すのはビールでなく、モエで。
c0105068_11325769.jpg
新宿小田急デパートのトロワグロで買ったお惣菜とパンと共に。
c0105068_11513471.jpg
ルーミエのモレサンを開ける。
c0105068_11343443.jpg
Domaine G Roumier Morey Saint Denis 1ER CRU
CLOS DE LA BUSSIERE 2009
ワインはテロワールが生み出す”との信条の元、生産に励むつくり手30代後半のクリストフが父のジャン・マリと共に12ヘクタール、特級はボンヌ・マール、ミュジニー、リュショット・シャンベルタン、シャルム・シャンベルタンそれに白のコルトン・シャルルマーニュの計5カ所のドメーヌを運営するがフランスのみならず広く世界のワイン産地に旅し、ワインを味わってきた結論が上記の言葉に集約されている。一部を除きぶどう樹の樹齢は30~40年で、50年に達すると挿し木による植え替え。芽掻きやヴァンダンジュ・ヴェールトを十分に行ない、収量は低く’85年から’94年の10年間の平均は29ヘクトリットル抑える。除梗はあまり行なわず、発酵は野生酵母のみ。新樽の使用は控えめで、多くても3割を超えない。そして瓶詰めの前のフィルターも無し、というのが基本的なスタイル。
ホテルにワイングラスを頼んだのだが、その際「赤ワイン用のグラスを」と頼んだのに対して「大きなものがよろしいですね」という返事だったが、こんな残念なグラスでした。香りは全く楽しめず、次回はちゃんとしたグラスを持って行かなくてはなりませんね。
c0105068_1149266.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2011-12-27 23:30 | Sと (箱根)

箱根 2011 11月 ザ・プリンス箱根

c0105068_10114587.jpg
Sと箱根に行ってきました。
7年前に初めて旅行に行こうとでかけたのも箱根なのだが、夜中に大ゲンカしてSは強羅から走って湯本駅まで行き、駅で一晩明かし、始発の小田急で帰るという大惨事になったのでした。そんな我々には縁起の悪い旅先ではあるが、あえてリベンジ。ロマンスカーは先頭の展望席に座れました。
今回の宿泊先は ザ・プリンス箱根 。部屋から芦ノ湖と富士山が見えます。
c0105068_10303855.jpg
部屋はこんな感じ。のんびりワインを飲もうかと。
c0105068_10313615.jpg
c0105068_10321990.jpg
c0105068_1033234.jpg
c0105068_10334648.jpg
まずは温泉につかりに行きましょう。
[PR]
by penelopemnm | 2011-12-26 23:54 | Sと (箱根)