ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

カテゴリ:Sと (越後湯沢)( 13 )

大地の芸術 越後妻有アートトリエンナーレ 2015 光の館・川西コース その2

c0105068_1127660.jpg
バスの停留場のような建物だけれど、ここを訪れる人がここからの見晴らしを楽しみ憩う為の芸術。ちょっと薄暗い道沿いにあるので、私はのんびりする気持ちにはならない。
c0105068_11302471.jpg
坂を上って行くと見えるのが、ジェームズ・タレル作「光の館」。
c0105068_11393426.jpg
中央には座敷があって、天井の窓に向かってびっしりと人々が仰向けに寝ていました。まるで新興宗教の儀式のようでした。作者が谷崎の陰翳礼讃から触発されて作ったとの事ですが、笑っちゃう。宿泊施設でもあるので、誰も人がいなければ世間と隔絶された場所としては楽しめそうです。
c0105068_12243066.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2016-01-29 23:22 | Sと (越後湯沢)

越後湯沢 2015 8月 ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ

c0105068_8592351.jpg
三年ぶりの岩原高原の ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ。アートを観回って疲れ果てていたが、凄く美味しかった記憶なので越後湯沢の駅まで迎えに来て貰って食べに行く。前回は昼間だったが、この日はもう山の上は真っ暗でした。
Nino Negri Cuvee Negri Brut Vino Spumante Metodo Classico
ロンバルディーア州、ヴァルッテリーナの代表的ブドウ、キアヴェンナスカを使用し、瓶内二次醗酵(シャンパーニュ方式)で造られた辛口スプマンテ。2007年度、ガンベロ・ロッソ誌にて名誉ある「ベスト・エノロゴ」に選ばれたエノロゴのカシミーロ・マウレ氏が造り出す。シャルドネ65%、ピノ・ネロ20%、キアヴェンナスカ15%を品種ごとにアルコール発酵後、バリック(小樽)で熟成、その後、瓶内二次発酵で澱とともに15ヶ月熟成でリリースされる。
c0105068_95522.jpg
一応、サラダも頼む。
c0105068_9134629.jpg
前回感激したビスマルク。ちょっと仕様が変わったかな。
c0105068_9255551.jpg
前回食べ過ぎだとSに制されて食べ損ねた念願のクワトロ フォルマージョを食べる。これ一枚3650円である。なのでちょっと期待し過ぎていたかもしれません。まぁ、美味しいんだけどね。疲れていてSもいろいろ撮影する元気がなかったようだが、もう少し早めの明るい時間から来て暮れて行く外を眺めながら食事するのが良いのかもしれません。
[PR]
by penelopemnm | 2016-01-15 23:55 | Sと (越後湯沢)

越後妻有 2015 小嶋屋

c0105068_7492143.jpg
前回も食べたかったへぎそば。今回こそはとやって来たのは 小嶋屋 。人気らしく昼の予約は受けていないとの事でだったが、少し待ったら座れました。
c0105068_7535116.jpg
そばはねっとりした布海苔の風味を少し感じます。普段食べる蕎麦と違ってまた新鮮で美味しい。酒処でもあるこの辺りですから、これと日本酒で十分ご馳走でした。今度はゆっくり腰を据えて飲みたいです。
[PR]
by penelopemnm | 2015-12-05 23:46 | Sと (越後湯沢)

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 光の館・川西コース その1

c0105068_8212878.jpg
このアスファルトの丘もアートね。
c0105068_8251613.jpg
c0105068_8283195.jpg
c0105068_8312124.jpg
こういう古い小屋に入って行くと、
c0105068_8323750.jpg
それらしいものが展示してあって、それらしく見えてしまう。
c0105068_08353830.jpg
近くにあった本物の日本の家はとても立派でした。
[PR]
by penelopemnm | 2015-11-28 23:16 | Sと (越後湯沢)

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]

c0105068_12471221.jpg
前から行ってみたいなぁと思っていたけれど、今年は難しいから次回かなとか毎回愚図愚図していたのだが、、ひょんなことから急遽今年の夏の終わりに行く事になり行ってきました。
c0105068_12544360.jpg
Sはこの蔡國強の作品だけを目当てに。そもそも突然さして情報もなく行く事にしたので、次回はもっとゆっくり吟味していろいろ巡りたい。
c0105068_13110041.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2015-11-15 23:48 | Sと (越後湯沢)

越後湯沢 2012 GW ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ その2

c0105068_10392995.jpg
スキー場にあるピザ店、えっちらおっちら坂道を登ってやってきたので、さほどでも無かったのにやっとお腹が空いてきました。
c0105068_10432581.jpg
魚のカルパッチョ 1260円
なんのカルパッチョだったかしら。鯛でしょうねえ。山の上ながら案外に美味しい。このメニューだけ+210円でグラスワインが付くのが面白い。
c0105068_10475636.jpg
自家製麺タリオリーニ 南魚沼産真鴨のラグーソース 1980円
c0105068_10495986.jpg
この自家製麺美味しかったなあ。ラグーソースも凄く良い。
c0105068_10513332.jpg
ビスマルク 2940円
このピザが絶品でした。今まで食べたピザの中で一番好きかもしれません。
トリュフバターの香りが食欲をそそり、ハムもしっとりと高級です。
もう1枚ピザを食べたかったのにSに制されました。残念でした。
c0105068_10572497.jpg
c0105068_1143213.jpg
こんな辺鄙な場所にあるレストランとしては、べらぼうに値は張りますが、大満足でした。必ずいつか他のピザも食べたい。14380円
c0105068_1162680.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2012-06-12 11:06 | Sと (越後湯沢)

越後湯沢 2012 GW ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ その1

c0105068_947541.jpg
つくしって本当に東京では見なくなったねえ、などと話しながら山を登って ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ というピザ屋に行ってみる。Sは足が痛くてボルタレンをお尻に入れて苦しんでいるというのに、ピザが食べたくて山道を歩かせる鬼のような私。岩原スキー場にあるのだが、スキー場の下まではこのGWの期間だけ路線バスを走らせていて、途中まではバスに乗る。
c0105068_957506.jpg
それでも結構、歩いてやっと到着する。山小屋風に趣向を凝らしたお店でした。
c0105068_1020997.jpg
c0105068_10213250.jpg
c0105068_1027596.jpg
もっと混んでいると思って13時過ぎなのにきちんと予約したのだが、客は殆どいませんでした。ハイシーズン以外は送迎もやっているようです。
c0105068_10313657.jpg
Franciacorta DOCG Brut -ANTICA FRATTA
1995年にD.O.C.G.に昇格した、シャンパーニュ方式(瓶内2次発酵)で造られるスプマンテ。最低25ヶ月間の熟成期間(そのうち、18ヶ月間は瓶内で酵母と接触)が定められています。ヴィンテージを表示するミッレジマートは、そのヴィンテージに収穫されたブドウを原料とするワインを最低85%以上使用すること、最低37ヶ月間の熟成期間が義務付けられています。 フランチャコルタという名前は、1200年代のこの地域の呼び名「フランツァクルタ」に由来します。鮮やかで縁に緑を含む淡い麦わらいろきめ細やかな泡立ち。粘性はさほど強くない。完熟したリンゴや白桃のような果実香が主体。豊かな果実味と爽やかで伸びのある酸味が心地よい清涼感をもたらす。シャルドネ100% イタリア・ロンバルディア イタリアワインは疎いのだがワインリストは充実していて、選択肢は多く、この飲んだスプマンテから察するに良心的な価格である。前菜とパスタ、ピザをひとつづつ頼み、料理が運ばれてくるまで外の景色などを眺めながら待つ。
c0105068_1051117.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2012-06-10 10:53 | Sと (越後湯沢)

越後湯沢 2012 GW 高七城

c0105068_10323511.jpg
2泊目は温泉宿にしてみる。秘湯だという 高七城 という宿に泊まる。
温泉はさほど広くはないが、のんびり浸かれました。他の人の姿が見えないような時もあったので、写真を撮れば良かったと後で気付く。
c0105068_16173750.jpg
夕飯。微妙。
大広間で他の客と一緒に食べるのだが、このセットが座るとすぐに運ばれてくる。刺身の皿の中に生牡蠣があるのだが、運んできた仲居が「くれぐれもお早めにお食べください」といちいち客に忠告する。その時点で牡蠣の新鮮さに不安を覚えるのだが、追い討ちをかけるように牡蠣の載った皿のすぐ傍の鍋のコンロにすぐ火を点けるので、より心配になり結果、美味しく食べられない。どうかと思う。
c0105068_1627216.jpg
「この牛肉は美味しかったし、他の料理もそんなに酷くないよ」とSは言っていたが、私はほとんどの料理が食べられませんでした。ふたりともあまりお腹が空いてなかったのもあるが、今度、温泉宿に泊まるような時は多少値が張っても構わないので、料理の美味しい所に泊まることにする。
c0105068_1633290.jpg
朝ご飯
朝ご飯の方が普通に食べられるものがあり、大抵どこの宿でも安心だ。でも、魚沼産コシヒカリの白いご飯は凄く美味しいだろうと楽しみにしていたのに、イマイチでした。お土産に買った超高級の米も家に帰って食べたらがっかりしたし。
私の好みではないだけなのだろうか。
[PR]
by penelopemnm | 2012-06-04 00:30 | Sと (越後湯沢)

越後湯沢 2012GW 魚沼の里 そば屋 長森

c0105068_1146838.jpg
滅多に来ない電車を待つ。アニエスb.のTシャツから出ているタグをどうにかしてから写真を撮って欲しいものだ。まぬけである。昼はそばでも食べるかと 魚沼の里 という所にある そば屋 長森 という店に行ってみるも、1時間待ちでした。
c0105068_11495310.jpg
待ちくたびれたが、やっとビールで喉を潤す。
c0105068_11564418.jpg
天せいろの天ぷらだけ先に出して貰う。時期だからか山菜がたっぷり。
c0105068_1215067.jpg
こんなお酒も追加してみる。フルーティな生酒でSの好み。
c0105068_1233218.jpg
店のお姉さんが「本当にお車ではないですね?」と念をおす。こんな辺鄙なところに電車で来る客はいないらしい。
日本酒の八海山が経営しているらしいのに、他の客は酒も飲まずにそばを食べており、それでも大盛況でいつまでも満席でした。
c0105068_12182423.jpg
Sに頼ませたぶっかけそば。これも山菜の天ぷらがのっていてちょっと失敗。
c0105068_12204012.jpg
おそばは凄く美味しいかと言われればそれ程ではなく、東京の蕎麦屋の方が美味しい所はたくさんある。ここは雰囲気かなあ。客が少ない時期にのんびり縁側から景色を眺め、日本酒を飲みながら蕎麦を啜れれば良い気分でしょう。
5430円。
c0105068_12285090.jpg
桜の木の下でのどかに見えますが、凄く日差しが強くて暑かったです。
[PR]
by penelopemnm | 2012-06-02 12:32 | Sと (越後湯沢)

越後湯沢 2012 GW AUBERGE ANDRA-MONTAGNE 3

c0105068_1917834.jpg
朝起きるとSは座骨神経痛が悪化し、うんうん唸っておりました。歩けないと言いながらもお腹は空いているようで、さっさとテーブルに着く。私は昨日のご馳走でまださほど食欲もなかったのに、やはり美味しいものだと食べられちゃう。
c0105068_1921335.jpg
身体に良さそうな自然のエグミたっぷりのサラダは私は全部食べられず。
c0105068_19212719.jpg
c0105068_19215633.jpg
美味しい朝食でした。
[PR]
by penelopemnm | 2012-05-29 20:38 | Sと (越後湯沢)