ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

カテゴリ:映画( 87 )

ニュースの真相

c0105068_948422.jpg
Sと一緒に日比谷にて。日本のニュース番組の下らなさにはほとほとウンザリだが、どの国のニュース番組もワイドショー化し、本来報道されるべき真相など重要でなくなってしまっている。この映画のブッシュの軍役詐称も真実は明らかにされなかったし、ブッシュを擁護する気はさらさらないが、己の正義で真相を都合よく解釈すののも、また確かに問題である。ただ日本のニュース番組の解説者が視聴者に媚び諂ったつまらない自論を説教じみて話すのを聞かされるのには辟易するし、これに対する愚民どものコメントがテロップで出てくるのも嫌になる。いろいろ愚痴を並べ立てたが、映画自体は面白かったし、ケイト・ブランシェットってなんか好き。同い年だし。金髪で大きそうでなんかいい。上手いしね。「ロード・オブ・ザ・リング」みたいなのじゃないやつは見てみたい。「キャロル」という同性愛のもギンレイホールでまたやっていたのに見逃した。またやるかな。
[PR]
by penelopemnm | 2016-10-06 23:44 | 映画

素敵なサプライズ

c0105068_9565947.jpg
Sが面白そうと言うから二か月前に見に行った 素敵なサプライズ 。あり得ない設定が馬鹿馬鹿しいが、ヒロイン役のジョルジナ・フェルバーンの印象か、ヘップバーンの映画を彷彿させるお洒落ラヴコメディでした。黒い心の私は主人公の大金持ちがもっと病んでいるのを期待していたので、ちょっとがっかり。付き合い始めのカップルが見て丁度良い映画。まあ十年越えの中年カップルが見てもギリギリOKでした。
[PR]
by penelopemnm | 2016-08-12 23:56 | 映画

教授のおかしな妄想殺人

c0105068_9311856.jpg
Sとウッディ・アレンの 教授のおかしな妄想殺人 を見に行く。もう八十を超えてもこんなに立て続けに映画を撮り続けているのは、彼にはまるで似つかわしくないが、ど根性以外の何物でもない。申し訳ないが新作が上映されても見に行く方が追いつかない。そして今回のは面白かった。ウッディ・アレン嫌いのSも感心していた。よく出来ていた。敬意を表して全作をもう一度見直してみたい。
[PR]
by penelopemnm | 2016-07-02 23:30 | 映画

ノーマ、世界を変える料理

c0105068_11571296.jpg
エルブジの映画を見て以来、そんな料理を評価するようになったSが、やっぱり noma ノーマ、世界を変える料理 を見に行こうと言うので行く。これは私も見たかった。この写真の蟻の料理で有名。美味しそうに見えるけれど、どんな味がするのだろう。甘苦いのかな。そんな料理がどんななのか知りたかったのに、映画はシェフの出生とか生い立ちとか店の経営とかがクローズアップされ過ぎてイマイチでした。世界で一番と評されるレストランがどんなもてなしで、どんな美味しい味なのか客になった気分で見たかった。昨年マンダリンオリエンタルで期間限定で料理が食べられたようだけれど、抽選で世界中から客がやって来たらしい。でもどうせ食べるならコペンハーゲンまで出かけて食べてみたい。
[PR]
by penelopemnm | 2016-05-29 07:55 | 映画

リリーのすべて

c0105068_918719.jpg
またひとりで時間潰しに日比谷シャンテで映画を見る。リリーのすべて。世界で初めて性転換手術に挑んだ男性の話という所ばかりが見所のように広告されていたので、前回シャンテで時間潰しした二の舞で、またつまんなかったらイヤだと心配していたが、良く出来た映画でした。夫の変化から変わっていく夫婦間の立場や感情を上手くやっていて、今までも何かで見ているのだがリリー役のエディ・レッドメインは特に素晴らしかった。自分の本性を相手に理解させるのも理解されるのも放棄してしまう事を選ぶ方が容易く生きられるし、そういう夫婦が多いだろうが、この二人は誠実に相手に付き合ったのでした。二人ともとても綺麗でした。
[PR]
by penelopemnm | 2016-04-29 23:14 | 映画

クーパー家の晩餐会

c0105068_64179.jpg

今年度最悪の映画をわざわざ映画館で見てしまいました。シャンテにて クーパー家の晩餐会 を時間潰しにひとりで。クリスマスの話を何でこんな時期にやっているんだ、という話ですが、クリスマス時期に見たとしても私に響く部分は一ミリもないでしょう。もっと気の利いたブラックコメディかと勝手に期待していました。大嫌いなハートウォーミングファミリードラマと括られる馬鹿馬鹿しいアメリカの映画です。
[PR]
by penelopemnm | 2016-03-05 23:03 | 映画

007 スペクター

c0105068_8421954.jpg
Sは前からずいぶん楽しみにしていたくせに、意味の分からないお笑いタレントを起用した過剰な宣伝にうんざりして、スターウォーズを見る情熱はすっかり失ったようだが、007は見に行く。旧作の場面を想起させるところが見所だったよう。筋はもう使い古されたパターンだし、ダニエル・クレイグを見に行くだけの映画だけれど、小気味良さと格好良さで良い気分にはなれる。次回作はどんな役者がボンドをやるのだろう。どうせ何作も続けるのだろうから長くやれるように今度は20代のハンサムにすればいいのに。
[PR]
by penelopemnm | 2016-02-13 23:41 | 映画

ナイトクローラー

c0105068_10312320.jpg
Sはあなたは嫌いかもしれないと言っていたが、ひさしぶりに面白かった。 ナイトクローラー 新宿にて。見たのは先月だが、まだやっているので人気なのだろう。こんなにお金がかかっていなくて良く出来たアメリカ映画は最近珍しい。ジェイク・ジレンホールは私にはブロークバック・マウンテンの印象が強いが、今回は年増女好きな役で、Sはそこもこの映画を気に入った要素らしく、そこを嬉々として熱く語っていた。ラストが説教くさくなく終わり、ふたりでほっとする。彼のやり方は極端ではあるが、社会の中で働いてお金を得るという事は、誰しも少なからず自分の良心に蓋をするような真似をせざるを得ないし、いずれそこに慣れてしまってそれにも気づかなくなってしまうのだ。そこに至る過程こそ違えども、みな主人公ルーとさして変わりはあるまい。
[PR]
by penelopemnm | 2015-10-13 23:28 | 映画

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

c0105068_16113240.jpg
Sと付き合い出したのは2004年からだから、一緒に見たのは3作目からか。フィリップ・シーモア・ホフマン、ヘロイン中毒で死んじゃったなぁ。そんなこんなでトム・クルーズも老けるわけだが、やはり痛快娯楽活劇で、見れば毎回面白い。
[PR]
by penelopemnm | 2015-09-01 00:07 | 映画

人生スイッチ

最近、とんとご無沙汰だったにも拘わらず、映画館で映画を見るとまた見に行きたくなるスパイラルに嵌りつつあるSと私。またヒューマントラストに 人生スイッチ を見に行く。ブラックコメディだと思ったけれど、爆笑するような映画ではありません。日頃から「怒りを敵と思え by 徳川家康」を教訓に日々を過ごしながらも着火しやすい性質の私。Sからは、あなたはいつ刺されてもおかしくないから。と言われ続けております。怒りだすとその感情に固執するというダメな人間のオムニバスドラマ。我が身を見るようでもありますが、いくらなんでもこんなに頑張らないか。腹が立っても間違えたスイッチは押さぬよう、気を付けましょう。
c0105068_875488.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2015-08-14 23:52 | 映画