ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

家飲み食べ

c0105068_1615493.jpg
JAMART CARTE BLANCHE
ジャマールの創設は1934年。パン屋を営んでいたエミリアン・ジャマールが、モエ・シャンドンのカヴィストとして働いていた義父と共に村の醸造所を購入してシャンパーニュ造りが始まりました。創設以来、家族経営を続けているジャマール。現在4.8haの自社畑を所有しています。本拠地は、ヴァレ・ド・ラ・マルヌとコート・デ・ブランの間に位置する、1996年に誕生した新たな注目地域であるコトー・デ・シュッド・デペルネ村にあります。こちらでは、ヴァレ・ド・ラ・マルヌの柔らかさとコート・デ・ブランの酒質の強さ、この両方の素養を持った優良なシャンパーニュが造られます。
休日の夕方からSと家飲み。
c0105068_1672681.jpg
Ceretto Bricco Rocche Barolo Prapo 1985
イタリア最高の赤「バローロ」の銘醸地最高のつくり手として世界に名声を博しているチェレット社。同社は1939年、ピエモンテ地方アルバ地区でリッカルド・チェレット氏が基礎を築き、1960年代に子息のブルーノ氏とマルチェロ氏の兄弟が継承。カスティリョーネ・ファレット村ブリッコ・ロッケ畑産。フレンチオークのバリック(225L)にて熟成される。平均樹齢は約30年。所有面積は1.75ha。調和したデリケートなエレガントさと力強く荒々しい凝縮感の両方を兼ね備えたワイン。ブラックベリーやプラムの果実香に加えて、ヴォリューム感の高い香りが次々と立ち昇る。ねっとりと粘性の高い甘やかさと、シルクのレースのように滑らかなタンニン。力強さだけでなく、極上の優雅さとエレガンスを誇るバローロの銘酒、更なる熟成も期待できるワインです。●産地:イタリア/ピエモンテ ●葡萄品種:ネッビオーロ
またおばさんがくれた上等ワインで分不相応な宴会。
c0105068_1621071.jpg
引っ越して初めてせっかく付けたガスオーブンを使ってローストチキンを焼いてみる。取説を見ても使い方がよくわからなくて、ちょっと野菜を焦がすが、まぁまぁ美味しく焼けました。
[PR]
by penelopemnm | 2015-02-05 16:25 | 家飲み
<< ランチまとめて (和食編) ジョルジョ・デ・キリコ -変遷... >>