ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

べにや無何有

一年前の蟹の時期に会社の人々と京都に行った帰りにひとりで加賀の山代温泉に寄る。寒い雪の中向かったのは べにや無何有 という宿。加賀温泉駅にタクシーの迎えがある。
c0105068_8393660.jpg
部屋は洋室にしました。入口から階段で上がると部屋があるという設えは、ちょっと寒くて不便でした。今度は和室が良いなと思う。部屋にも露天風呂がありますが、何せ寒くてねぇ。

食事は広間の食事処で。席間は広くテーブル席なのだが、板の間なのでしんしんと寒い。
c0105068_8532262.jpg
夕食のメニュー。こんなにひとりで食べられるかと不安になる。
c0105068_8551556.jpg
でもこの先付の白和えが美味しくて俄然その後の食事が楽しみになる。
c0105068_8584592.jpg
そうそうこの香箱蟹というものが食べたかったのよ。東京で食べるのと違いしっとりしていて、どっさり入っています。
c0105068_921769.jpg
茶碗蒸し。この位の量が良い。
c0105068_934615.jpg
お造りの後のこの寿司くらいからだんだんお腹がいっぱいになってしまう。
c0105068_954146.jpg
c0105068_955625.jpg
そしてこの蟹三昧です。もちろん日本酒をぐびぐび飲んでしまうので、どんどん満腹になる。
c0105068_975525.jpg
まだくる。鰤とかね。
c0105068_984399.jpg
この合鴨の鍋に雑炊・食後フルーツなどで終了。やっぱりひとりだと和夕食を完食するのはとても厳しい。凄く美味しいのに美味しさが半減してしまう。いかにいつもSに食べさせているかよくわかる。ひとり旅も良いけれど、旅館の夕食問題は非常に悩ましい。
こちらの宿は朝は女将とヨガをしたり、建物も現代的で清々していて心地よいので、いつかSを連れて行ってやろうと思います。
[PR]
by penelopemnm | 2015-02-11 09:18 | おでかけ
<< サルキッチン 2014 12月 ランチまとめて (和食編) >>