ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

さくら

さくら さくら
c0105068_1748362.jpg

弥生の空は 見渡すかぎり
c0105068_17494242.jpg

霞か雲か 匂いぞいづる
c0105068_17513650.jpg

いざや いざや 見にゆかん
c0105068_17522963.jpg

この山田耕筰の歌詞が一番しっくりきます。

最近のうたにもこのタイトルを付けるのが流行りのようでしたが
みんな酷い歌詞でウンザリします。
若者は格好悪くみっとももない事をヌケヌケと歌いますね。
オバサンは恥かしいわ。
[PR]
by penelopemnm | 2008-03-31 17:58 | 思うこと

季楽

国分寺の北口のわりと新しい飲食店が多くあるあたりに昨年出来ていた小さな居酒屋さん。
ネットで検索するとこの季楽という店名の店は多くて、佐賀牛の有名店とか麻布の懐石料理店が同名であります。
ここの正式名称は「宵のいっとき 季楽」というようです。HPなどはないみたい。
お通し。きんぴらの白和え。
c0105068_102334.jpg

牛すじの煮込み。トマトベースのビーフシチューのような煮込み。洋風だけど美味しい。
c0105068_1041260.jpg

ほうぼうの塩焼き。Sが撮ったの。ほうぼうの顔は怖いよ。
c0105068_1052637.jpg

鶏の竜田揚げ。胡麻風味。
c0105068_1063313.jpg

いろいろな貝のスープ仕立て。
c0105068_107167.jpg

これにしらすのおにぎりとあら汁(金目鯛でした)をいただく。
全体にしっかりした味付けで日本酒よりも焼酎の方が合うのかも。
体調がイマイチでお酒はビールジョッキ2杯づつとお酒のお銚子1本しか飲みませんでしたが、最後にお茶も出てふたりで6000円でした。
[PR]
by penelopemnm | 2008-03-30 23:11 | Sと (国分寺)

ラスト、コーション

いやはや。酷かった。
これはトニー・レオンの事が好きな方用の
トニー・レオンのセックスプロモーションビデオのような映画でタン・ウェイとかいう女優の裸とかは、もはやアダルトビデオの男優のような役目で、なんならいらないです。
トニー・レオンのちょっとサディスティックなセックスにファンがうっとりするだけです。
女優の役どころ自体が仮装している役ではありますが
もう仮装じゃなくていいんじゃない?っていう所まで仮装にしか見えません。コントみたいです。この女の役に全く説得力はなく、ただのうんざりする昔風のつまらない娼婦風のスパイです。
ヒール付きのシームのガーターストッキングを料亭の畳間で穿いているというのはなんか滑稽なんだよなぁ。
結局トニー・レオンも深刻そうなだけでただの愚鈍な男だという事が最後に露呈します。
花様年華のトニー・レオンの方が駄目男なりにセクシーだったし、チャイナドレスもこの時のマギー・チャンの方がずっと素敵でした。
唯一、良かったのは人妻達が4人でタバコをふかしながら、真っ赤な口紅とマニキュアで麻雀している画はなかなか格好いい。
私は正妻の役の女優の方が貫禄があって好き。
c0105068_2012275.jpg

[PR]
by penelopemnm | 2008-03-26 20:14 | 映画

ROSANNAANSALONI

これはランジェリーというより、アウターでOKかと思い購入してみました。
少しくすんだ桜色なので、デザインの甘さほど子供っぽくなりません。
素材は綿とシルクのローンでかなり軽く薄い素材ですので、
真夏でも一枚で着るのはちょっと無理ですが、デニムや麻のクロップドパンツに合わせようと思います。
c0105068_1214515.jpg

後ろはこんなスモッグ刺繍ふうになっておりますが、
縫製は概ねちょいちょいです。私でも3時間位で作れそう。
c0105068_12243313.jpg

でも可愛いからいいんです。
[PR]
by penelopemnm | 2008-03-23 12:25 | ランジェリー

横須賀美術館

荒崎を後にして向かったのは横須賀美術館
横須賀といっても場所は観音崎京急ホテルのそばです。
私達のように徒歩&電車&バスな人は京急の三浦半島2Dayきっぷがお得です。
c0105068_18491269.jpg

日本の現代美術を主に展示され、広々して天井の高い館内はとても気分がいいです。
谷内六郎館も併設されて、子供の頃のCM「週刊新潮はあした発売です」のフレーズとともに
ノスタルジックな感傷に浸れます。
子供の頃はあの姉と弟とふたりだけのあの絵がなんか心細くて怖かったなぁ。
そしてこちらの美術館にはイタリアンで有名なこちらの系列店が入っているのです。
ACQUAMARE di Acqua Pazza。
ガラス張りの清々した店内からゆうゆうと海を渡る大型タンカーなんかを眺めながら食事が出来ます。
平日のパスタランチでも1500円と強気な価格設定ですが、店内は満員!どうやら美術館の客でなくわざわざここで食事するだけに来る方も多いようです。
なんなら平日の青山や銀座のイタリアンより混んでいます。
私達は2800円のランチコースいたしました。

More
[PR]
by penelopemnm | 2008-03-22 19:08 | Sと(三浦半島)

旅館の食事

夕食は階下の個室にて。
大きな窓からは夕暮れの海が見えます。波の音を聞きながらのゆったりした時間です。
c0105068_22131164.jpg

お造りはこんな感じで。赤座えびが美味しい。
c0105068_22165514.jpg

ふぐのから揚げ。
c0105068_22173651.jpg

とても美味しかったホウボウのから揚げ。
c0105068_22182828.jpg

あらなんかSの手つきがオネエっぽいわ。
さらにこれに煮付けがつきましたが、もうお腹いっぱい完食出来ず。
お造りの伊勢海老をこの後のお食事の際、味噌汁のお出汁にして、白いご飯とお新香デザートで終了。
ちょっと体調がイマイチだったのもあるけれど、こちらに伺うのであれば、お昼は軽めにしないと全部食すのは難しいかもしれません。
こういう新鮮なお魚を余計な事をしないで食べさせてくれるのはとても良い食事でした。

More
[PR]
by penelopemnm | 2008-03-21 00:27 | Sと(三浦半島)

春の海

Sと昨年三浦海岸に行って楽しかったので、また平日に1泊で三浦半島にある荒崎海岸まで参りました。
私が風邪だか花粉症だかわからないグズグズに悩まされながらも、楽しい小旅行でした。
今回の宿は荒崎海音さがみや
宿は荒崎公園の中にあり、海を見下ろす絶景の場所にあります。
c0105068_11131787.jpg

c0105068_11134550.jpg

小さな露天風呂が付いた今回泊まったお部屋。
c0105068_11145796.jpg

c0105068_11152750.jpg

c0105068_1116038.jpg

c0105068_11163947.jpg

c0105068_11182432.jpg

ベランダからも海が見えます。
空を見上げるとたくさんの鳶が不思議な鳴声で舞っていました。
夕日が海の小さな半島の木々の中に沈んでいくのを眺めていました。

More
[PR]
by penelopemnm | 2008-03-20 11:24 | Sと(三浦半島)

横浜中華街

Sと2005年に横浜トレインナーレに行った際、ランチを食べて気に入った店を見つけたのですが、店の名前は憶えてないは、中華街の地理に全く疎いふたりは2度と行けまいと思っておりました。
が、今回、その地に立ってみると身体が覚えているのか、私の食べ物への執念か、あっさりと辿り着けました。
その名は均昌閣でした。
いや多分中華街の中で際立って美味しいとかいうのではないんですけどね。
お店の内装が不可思議でちょっといいんですよ。
入り口から廊下を通って行くとなんだかちょっと薄暗い丸い広い部屋があって、壁沿いにテーブルが並んでいるのです。
おかずを2品選ぶランチコースが1800円で、それでふたりで4品頼めるのも楽しい。
フカヒレスープと春巻きとチャーハンとデザートが付いてきます。
お茶もポットでサービスしてくれるし、お店の中国人の女の人もキビキビしていて反応も良く気分がいいです。
c0105068_95253100.jpg

この日は夕食がご馳走なので、それに備えて生ビールだけ飲みました。
レジの前におみくじがあってひけます。(タダ)
[PR]
by penelopemnm | 2008-03-20 09:51 | Sと (鎌倉・横浜)

ホワイトデイ

Sから貰った塩瀬の和菓子。
c0105068_20415117.jpg

昔はバレンタインデイにチョコをあげても男性はお返しをホワイトデイにするという事を
今のように大々的にはしていなかった気がする。
義理チョコがこんなに横行するようになってオジサン達も大変だと思います。
社内の若い女の子が全然関係ない部署の部長にまで凄く安いチョコを配って
凄く高いお返しをせしめようとするのは、ちょっとどうなんだろうと思いますが、
部長もまんざら悪い気分でないのなら、まぁいいのか。
[PR]
by penelopemnm | 2008-03-19 20:59 | 思うこと

Salt by Luke Margan

本日はお世話になった上司が定年退職される為、こちらでお食事。
客層は女性が多く、スタッフはかなり若い。
5000円のランチコース。
ウズラのゆで卵にドライハーブをまぶしたもの。
c0105068_10295595.jpg

小さなトーストにハムやマーマレードなどを乗せて食べる。豚肉。
c0105068_10311218.jpg

前菜は鱒。
c0105068_10324710.jpg

メインはウサギにしました。いろいろな調理法で。メインの前にちゃんと口直しのグラニテが出ます。
c0105068_10341682.jpg

デザートはこれ。なんとかいうオーストラリアンなデザートらしい。
c0105068_10362690.jpg

フレンチというよりやはりオーストラリアなんだろうなぁという面白い料理でした。
スパークリングワインを2本飲みましたが、こちらもリーズナブルで良いものでした。
ワインリスト全体が4000円位からの値段でした。
都内の優秀なワインリストベスト何位かに選ばれたのも納得です。
[PR]
by penelopemnm | 2008-03-16 10:42 | ひとりか誰かと食事