ブログトップ

しんみりと

mnmrina.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

インフルエンザになりました

10年ぶり位にインフルエンザに罹る。風邪をひいたと思って一日ダラダラ寝ころがっていたので、翌日には熱も下がると思っていたのに、朝起きたら38.6度に上がっていた。怪しいと思ったらやはりA型のインフルエンザだった。休日診療の医院は患者でごった返し、病気の子連れの夫婦が待合室のソファを占拠するので、病気な若者は座れない。じっと待っていられる者は少なく、その場を離れてしまうので、名前を呼ばれてもまずすぐにはやって来ない。その度に看護士がその患者を探して廻るという悪循環。やっと順番がきて私を診た若い眼鏡の医者ももうやっつけ仕事な感じで事務的に誰もに聞き続けている質問をタラタラとして、「念のためしましょう」とインフルエンザの検査を。そして結果、陽性でした。そこから併設された薬局で薬を買うのですが、そこも凄い列で、「他の薬局ではいけませんか?」と何人もが聞くも「休日だし、問い合わせをされたりするので止めてください」と必死に阻止していました。4人に3人はタミフルを処方されていたので、あそこで待ち続けたインフルエンザでない人もあそこでうつってしまったのではなかろうか?
c0105068_8541376.jpg
熱が下がってから3日は休んで下さいと言われる。何とか休めそうかなぁ。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-30 23:57 | 思うこと

ソーシャル・ネットワーク

c0105068_12494658.jpg
ソーシャル・ネットワーク Sとずいぶん前に予告で見ていて、もう上映されているとばかり思っていたらまだだったので、Sに前売り券を買わせる。私はこうやってブログを書いてはいるが、ネットを介して人と積極的にお付き合いをしたいとは思ってはおらず、ましてやミクシィなどは苦痛でしかなかったので、同様のこういうネットワーク(こちらが前身か)を人がこんなにも欲しているというのが不思議でならない。ただアメリカの青春群像としては面白く、特に双子のボート競技者というのは、強く逞しく美しいアメリカ人が賛美するようなものを全て兼ね備えているのに双子だというのが少し気味悪く、全寮制エリート白人種ものに弱い私としては興味深かった。主人公の男の子も実際の人物の人となりは知らないが、ある意味魅力的に描かれていて、ドラマとしては成功しているのだと思います。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-23 13:32 | 映画

Robert Groffier Bourgogne Pinot Noir 2004 再び

いつもの国分寺のワインバーにて。二件目なので軽く。
c0105068_11271743.jpg
突き出し。ポタージュなら良いのだが、私はカボチャ自体は好きでない。Sが二皿食べる。やっぱりブルゴーニュかなぁと頼んだのがこちら。
c0105068_11293433.jpg
Robert Groffier Bourgogne Pinot Noir 2004
前に飲んだ記憶があり、年が違ったかしらと思っておりましたが、やはり同じものを飲んでいました。コレね。3800円で購入していました。お店では9000円だったかな。美味しいワインです。
c0105068_11372458.jpg
ジャガイモ黒トリュフかけ。ジャガイモがもっとほくほくほっこりしていると良い。
c0105068_11384792.jpg
エシレのバターとバゲットさえあれば充分赤ワインのご馳走だけれど。
c0105068_11395439.jpg
17720円。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-22 23:26 | Sと (国分寺)

恵比寿 筑紫楼

正月明け恵比寿で映画を観た後、ラーメンでも食べて帰ろうと相談するも、お目当ての店はまだ正月休み中でフラれ続け、アテもなくふらふらと歩いていると怪しげな通りの奥、ラブホの隣に中華料理店らしき店を発見。筑紫楼 というフカヒレ料理で有名な店でした。それなりの外観でしたので、「麺だけでも良いか?」と尋ねると「もちろん」と答えるので入ってみる。
c0105068_13253544.jpg
海鮮湯麺 1500円 私の注文。海鮮もたっぷりで美味しかった。
c0105068_13282314.jpg
坦々麺 1400円 Sはこれ。もっと味見したかったのに、美味しいらしくあんまり分けて貰えなかった。ラーメン屋が閉まっていてここになってかえって良かったと喜ぶSなのでした。いつかフカヒレ料理も食べに来たいです。生ビールも飲んで 4950円でした。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-20 23:18 | ラーメン

未来を担う美術家たち DOMANI・明日展2010

国立新美術館にて 未来を担う美術家たち DOMANI・明日展2010 を見る。何故かSは若手現代作家展が大好きで、こういう美術展に行きたがるのだが、実際見る度の感想は「どこがいいのか全くわからない」というものだ。
c0105068_12215174.jpg
私は思ったよりも楽しめました。今週末でお終いです。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-19 12:16 | 美術展

西国分寺 潮

c0105068_1013714.jpg
また半年ぶりに 西国分寺 潮 。美味しい日本料理がいただける蕎麦店です。
c0105068_1017321.jpg
美味しいチーズ豆腐。
c0105068_10201030.jpg
この日の茶碗蒸しは牡蠣です。チーズ豆腐や茶碗蒸しは定番でとても美味しく、季節ごとに違うアレンジで出されるのも楽しみです。
c0105068_102241.jpg
お酒を熱燗でいただいたりしていると、そばがきが登場。写真を撮っていたら「秒刻みで味が落ちますから、、、」と若い板さんに窘められる。
c0105068_10255014.jpg
西京焼き。
c0105068_10261878.jpg
豚角煮。
c0105068_10271872.jpg
百合根てんぷら。
c0105068_10283354.jpg
もちろん美味しい蕎麦。
c0105068_1029458.jpg
〆にバニラビーンズたっぷりの手作りプリンまで。4000円のコースですが、素晴らしく充実しています。なかなか通えませんが、出来れば季節ごとに年4回くらいは食べに行きたい名店です。
10400円。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-16 10:32 | Sと (国分寺)

軽井沢 2010 11月 とりまる

c0105068_12551882.jpg
アウトレットを歩いた後、さしてお腹が空いていたわけでもないが、何か食べて東京に帰ろうとプリンスのショッピングモール内にある とりまる に入ってみる。名物だと人気らしい ぶっかけ丼 840円 をふたりとも注文。鶏の唐揚げと野沢菜、肉味噌、海苔、ワサビが乗った丼だ。これに鶏スープをかけて食べる。うーん、大変ジャンクな食べ物でした。味が濃すぎて苦痛で殆ど食べられませんでした。夕方の店内は客も少なく、この店の社長の知り合いらしき常連が店長に飲食店とは、みたいな説教をしていて、店長もそんな説教がまんざらでもないらしく、背筋を伸ばして聞いていましたが、そんな長話に待たされて我々は会計も出来ずにうんざりしたのでした。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-15 13:11 | Sと (軽井沢)

中国ラーメン揚州商人

私がひとりでラーメン店に入るのは決まって飲みすぎた翌日である。飲みすぎてもうどんを選ぶ日もあり、それはまだそれほど重篤でない日である。翌日になってもまだラーメンが食べたいのは明らかにまだアルコールが抜けきっていないのである。もうなんならば半ライスも付けたい勢いだ。
c0105068_20361297.jpg
そんな年末年始の飲みすぎた翌日、有名なのは知っていた 中国ラーメン揚州商人 へ行ってみる。本当は他のラーメン屋に行く気満々だったのに長蛇の行列にがっかりし、フラフラ赤坂を彷徨いここがあるのに気付いたのでした。
揚州商人ラーメン 760円。麺の太さを選択出来るので細麺を選んだのだが、フニャフニャで全くコシがありませんでした。中華料理店のラーメンは概して日本のラーメン店よりも麺が柔らかいと思うが、ここのはあんまりな柔らかさでした。隣に座った女の子ふたりは私より10分は早く出されたスーラータンメンを私が食べ終わっても半分も食べ終えていなかったので、一体彼女達の麺はどうなちゃっているんだろうか、と心配になる位です。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-13 21:59 | ラーメン

軽井沢 2010 11月 軽井沢プリンスショッピングプラザ

c0105068_19185585.jpg
多分、10年近く前に一度来ました。その時の方がもっとこじんまりしていたような記憶なのですが、どうでしょう?
c0105068_19223486.jpg
あんまり寒いのでチープなうさぎの毛皮の帽子を買いました。アウトレット施設ってちょっと前までは血沸き肉踊る気分があった気がするのですが、最近はめっきりですね。どこのブランドもこういうアウトレットショップ用の品を量産して置いているようで、つまらない。サンプルでもびっくりするような豪華だけれど誰も買わないような品なんかが昔はありました。今はネットで探す方がキテレツなものがあるかも知れません。
c0105068_19283640.jpg
さして欲しいものがないまま、夜が更ける。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-09 23:16 | Sと (軽井沢)

新富町 BISTRO MARCASSIN

Sお気に入りのビストロマルカッサンへ再び。この日はジビエを食べたくてやって参りました。まずはシュワシュワしたのを。
c0105068_9572727.jpg
PAUL CHOLLET
CREMANT DE BOURGOGNE BRUT BLANC DE NOIR NV
フランスのクレマン専門メゾン、ポール・ショレは、1955年サヴィニー・レ・ボーヌに設立されたワイナリーです。農法はリュット・レゾネ(減農薬農法)で100%自社のブドウ。熟したブドウを使うことにより香り高いクレマンに仕上がっています。1970 年にAOC クレマン・ド・ブルゴーニュの承認のための運動に全力を傾け、クレマン・ド・ブルゴーニュが正式に布告された1975 年に、はじめて、AOC クレマン・ド・ブルゴーニュを生産しました。伝統的な製法にこだわり、良質なクレマンを製造しています。
ボトルを大体半分くらいハーフとして3000円でいただきました。
c0105068_1034653.jpg
ブータンノワール。ブータンノワールという料理が大好きだ。ここのは他所のよりもドッサリした感じというか漉され過ぎていない感じで凄く美味しい。また食べたい。このお店の方向性とはちょっと違うのかもしれないが、ジビエ料理にはピノが飲みたくていろいろと出して見せて貰って、これにしてみました。
c0105068_1062377.jpg

Thomas Bassot Gevrey Chambertin 2005
蜂の絵柄はどこかで飲んだ記憶があるトマバッソ。ニュイサンジョルジュのネゴシアン。よく見るラベルな気がしますが、ネットで商品検索してもあまり見当たりません。マダムもあまり購入した際の記憶がないようで、大体の値段で。
c0105068_10244519.jpg
キジのソテー ココット仕立て 何て美味しそうに写っているんでしょう!そして美味しい。私はキャベツは好きではないのですが、凄くキャベツが美味しい。スープが美味しい。ここにご飯を入れて食べたい。
c0105068_10292279.jpg
小鴨のロースト この日は真鴨や尾長鴨なんかもあって迷ったのですが、1羽食べられた方が内臓も全部食べられるという一言でこちらにしました。骨をしゃぶるふたりは無言になります。
c0105068_1034137.jpg
赤ワインがまだ少し残っていたのでチーズも追加。
c0105068_10352433.jpg
この日は青カビアイスがなかったのでピスタチオのアイスを食べてみる。これはこれで凄く美味しい。大満足な夜でした。
25357円。
[PR]
by penelopemnm | 2011-01-08 23:54 | Sと 銀座・東京・日本橋